貧困や不登校などの子どもへプログラミング体験を届ける「PIECESクリエイティブガレージ」オープン

■貧困家庭・不登校家庭に必要なプログラミング体験

ひとり親世帯では2人に1人が直面しているといわれる「子どもの貧困」。現在、各自治体で学習支援が行われ、地域では子ども食堂など子ども達を支える動きが広がりを見せています。
学習や食事という支援は広がってきている一方で、「経験の格差」という見逃せない問題があります。貧困家庭の子どもたちは習い事や旅行などの学校外で様々な経験をする機会が少ないことで、自分の「やりたいこと」「好きなこと」を探すことができず、将来の進路選択が狭まってしまう傾向にあります。
PIECESでは、活動の中で子ども達の多くが「ゲームをつくってみたい」「プログラミングをやってみたい」と話していることに気づきましたが、多くの家庭ではパソコンもネット環境もなくプログラミングに触れる機会がないと分かったため、下記PIECESクリエイティブガレージを運営し子ども達が「自分でつくる」ことのおもしろさに触れ、社会とつながるきっかけづくりを行います。


■PIECESクリエイティブガレージ活動概要

活動日:毎月第2、4土曜日13時〜18時(※変動あり)次回は12月10日と24日に開催
場  所:NPO法人PIECESオフィス(文京区小石川2-5-7佐佐木ビルB棟4階ハーフハーフ)
対  象:小中高生(未経験者大歓迎)
内   容:通常の活動時間では、ゲーム制作、映像制作、デザイン制作などの自分のつくりたい作品を自由につくります。大人も中高生も一緒につくっていきます。不定期で会社や個人のメンターによるワークショップを実施します。
申  込:http://pieces-cyw.net/creativegarage

■PIECESクリエイティブガレージ発「ゲーム制作」プロジェクト

PIECESクリエイティブガレージの初期メンバーに「僕は将来プログラマーになりたい」と言った高校生の男の子がいます。彼はパソコンもなく、教えてくれる人もいない状況でした。彼に学べる機会を作ろうとPIECESとゲームクリエイターを中心に構成される株式会社SKYS(本拠地:東京都千代田区、代表:佐藤裕美)とコラボが決まりました。11月から、小中高生10名程とプロとが一緒になってUnityによるゲーム制作とリリースを目指すワークショップを開始しています。
第1,2回目のワークショップでは自分自身の作ったキャラクターが動いた瞬間に子どもたちから歓声が起こり、一方では一つ一つの動作を作るのに、かなりの時間がかかることを学び、日々やっているゲームの奥深さや裏側の大変さを学ぶきっかけとなっていました。
今後もこのワークショップを継続し、実際に子どもたちがゲームを完成するまでサポートしていきます。12月24日(土)に第3回目となるワークショップが開催されます。


■団体概要

団体名   : NPO法人 PIECES
代表者   : 代表理事 小澤いぶき
所在地   :〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-13-18 ビラ・モデルナA203
設立     : 2016年6月22日
活動内容: 課題を抱える子ども・ご家庭への包摂的支援活動
URL    : http://www.pieces.tokyo

湯浅誠氏、CYWのアドバイザーに就任していただきました!

CYW2期プログラムでは、日本の貧困問題に携わる社会活動家の湯浅誠氏(社会活動家/法政大学教授)にアドバイザーとして就任していただくことになりました。

貧困をはじめとする社会課題に政策・現場の両側面から携わってきた湯浅氏のアドバイザー就任は、PIECESの目指す貧困や虐待の連鎖を予防する社会づくりへの大きな助力となります。今後、CYWに対しての研修やアドバイスなどご協力いただく予定です。なお、アドバイザー就任にあたっては無報酬で引き受けていただいています。
これから研修体制の充実を図り、より良い支援を子供達に届けられる体制を作っていきます。説明会のご応募お待ちしております。

◆説明会日程
10/5(水) 19:00〜21:00
10/9(日) 13:00〜15:00
10/13(木) 19:00〜21:00
10/22(土) 13:00〜15:00

※会場は後楽園駅徒歩3分NPO法人PIECESのオフィスで行います。
申し込みのあった方に詳しい住所お伝えします。

◆説明会への応募はこちら。
https://docs.google.com/forms/d/1Z4urwahVwnrRqpiRc6doEanlLuXKQ5UZEXdxs_lfaUs/edit

◆募集要項
活動場所:豊島区、足立区、板橋区など ※子どものニーズに合わせて変わる可能性もあります
活動頻度:目安週2日以上(活動時間は応相談、活動は平日夜と土日が中心)
子ども支援活動週1〜2日/MTG・研修週1日程度
待遇:交通費支給、ボランティア保険加入費負担
採用人数:8名
選考の流れ:説明会参加後、実際の現場に来てもらい、面接を経て採用決定。
現在、ボランティアをしている、もしくは働いている方も是非お待ちしています。

CYW2期生募集開始

コミュニティーユースワーカー2期生の募集を開始します!

http://www.pieces-cyw.net/cyw-program/

 

◆コミュニティユースワーカー2期生ってなに?

コミュニティユースワーカー(以下、CYW)は様々な事情を抱える子ども・若者と地域で継続的な関係を築く、子ども達の伴走者です。 

伴走のなかで、CYWは、不登校や家庭での課題を抱える児童・生徒や、妊娠や高校を中退した若者に、「つながり」を提供します。

「つながり」とは、勉強を教えること、ご飯を一緒に食べることだけでなく、ただ一緒に居ることや、様々な支援機関や市民と連携し、その子に必要なものを見極め、必要な支援をかたち作っていくことを含みます。

これらの「つながり」を提供する伴走のためには、「対人支援」を学んだり、自分の特性や子ども達一人ひとりを理解すること、そして、目の前にいる一人の子にどのようなつながりが必要かを考えること、社会にいる多様な大人の協力を募ることが必要になります。

このようなCYWの育成をはかるため、日々の子どもとのかかわりの振り返りや、他のCYWとの対話を通じて、学び合うチームを作り、子どもたちとの実践とゼミ形式で学ぶ理論の両面から学ぶプログラムが、コミュニティユースワーカー育成プログラムです。

◆コミュニティユースワーカーって具体的になにをするの?

2016年5月よりNPO法人PIECESは、子どもの支援者として「コミュニティユースワーカー」の育成を始めました。

CYW1期生として8名採用し、プログラム開始から4ヶ月が経ち、CYWのメンバーがそれぞれのフィールドで活躍し始めています。

1期生の成果として、10代のシングルマザーの生活、進路支援、引きこもり、不登校の子の家庭訪問、高校中退者の高卒認定試験のサポート、イタリアン料理教室、プログラミング教室、バンド活動など様々なアプローチで約150人の子ども達と接してきました。

これから、プログラミング教室の開設、古民家を活用し、10代シングルマザーの生活、進路支援の場、居場所がないと感じる女子高生の居場所作りのプロジェクトが本格的に進みます。

また、学習支援団体へCYWを派遣するなどの組織間の連携も進んでいます。

◆まずは、説明会にきてください!

そして、さらなる活躍のフィールドを広げるべくこの度、CYWの2期生の募集を開始します。

あなたも、子ども達の「生きる」に伴走する、コミュニティユースワーカー2期生になりませんか?

まずは、説明会へのご参加、ぜひぜひお待ちしております!

説明会当日はコミュニティユースワーカー1期生も出席します!

◆説明会日程

10/5(水) 19:00〜21:00

10/9(日) 13:00〜15:00

10/13(木) 19:00〜21:00

10/22(土) 13:00〜15:00

※会場は後楽園駅徒歩3分NPO法人PIECESのオフィスで行います。

申し込みのあった方に詳しい住所お伝えします。

◆説明会への応募はこちら。

https://docs.google.com/forms/d/1Z4urwahVwnrRqpiRc6doEanlLuXKQ5UZEXdxs_lfaUs/edit

●募集要項

活動場所:豊島区、足立区、板橋区など ※子どものニーズに合わせて変わる可能性もあります
活動頻度:目安週2日以上(活動時間は応相談、活動は平日夜と土日が中心)
子ども支援活動週1〜2日/MTG・研修週1日程度
待遇:交通費支給、ボランティア保険加入費負担
採用人数:8名
選考の流れ:説明会参加後、実際の現場に来てもらい、面接を経て採用決定。

現在、ボランティアをしている、もしくは働いている方も是非お待ちしています。

CYWの活動報告ブログ始めました!

PIECESでは今年の5月よりコミュニティユースワーカーという子ども支援者の育成を始めました。

子ども達に密に寄り添うからなかなか情報発信がしにくいのですが、できる限り活動内容を伝えていけたらと思い、ブログを始めました。
これから徐々にフェイスブックページでも情報発信をしていきます!

医療、福祉、地域、教育とそれぞれの分野で経験を積んだメンバーで結成されたPIECESの初めての事業となります。
これまで仕事、活動をしてきて積み重ねてきた知識や技術、ノウハウを盛り込んで作ったプログラムになっているので、育成プログラムの背景の思いや考えもまとめていけたらと思っています。
これから目指す方向なども徐々に書いていきます!

これまでの記事
◆「人の育成」という子どもの貧困の新しいアプローチ
http://pieces-org.hatenablog.com/entry/2016/07/22/030000

◆学習支援における居場所の形成
http://pieces-org.hatenablog.com/entry/2016/08/12/030427

◆CYW1期生の紹介
http://pieces-org.hatenablog.com/archive/category/CYW1期生紹介